大手メディアが報じない真実

大手のメディアがあまり報じない事を情報元を明示して紹介します。

結局モンドセレクションって何なの?

f:id:newtruth:20170601030753p:plain

 「モンドセレクション受賞」って一体何なのか。

 

モンドセレクションって何?

モンドセクションとは独立系国際機関としてベルギー政府の主導で設立された民間の品評機関です。

ちなみに住所は"Chaussée de Tubize 242 - 1440 Wauthier-Braine - Belgium"です。

f:id:newtruth:20170531225218j:plain車を12台程度収容できそうな駐車場が敷地内にある2階建ての建物です。

国際機関ということですがイメージしていたより小さいです。

評価対象

評価する製品をカテゴリー分けすると「スピリッツ &リキュール」、「ビール、水 &ノンアルコール飲料」、「食品」、「化粧品 &トイレタリー製品」、「ダイエット &ヘルス」、「タバコ」、「インターナショナルワインコンテスト」。

タバコから健康食品、化粧品まで評価対象は多岐に渡ります。

評価基準・方法

審査の応募方法はベルギーのモンドセレクションに製品を配送し、応募費用は商品カテゴリーや品数によって多少異なりますが1品あたり約1,200ユーロ(148,800円『1ユーロ=124円で計算』)支払います。

評価方法はパッケージに表示されている成分表が適正か、宣伝表現が適正か、パッケージや商品の見た目や味、香りなど評価の正確な基準は非公開ですが点数を付けていきます。

最終的に審査員がそれぞれつけた平均点を算出します。

平均点が60~69点なら優秀品質銅賞、70~79点なら優秀品質銀賞、80~89点なら優秀品質金賞、90~100点なら優秀品質最高金賞が与えられます。評価は絶対評価なので優秀品質最高金賞が多く与えられることもあります。

2016年度は2,938点の製品が審査の対象になり下の表のように賞が与えられました。

f:id:newtruth:20170601024533j:plain

審査対象の2,938点の半分以上が金賞以上を受賞していることがわかります。

そう考えると銅賞や賞を与えられなかった商品の方が異常だと言えるのではないでしょうか。

主な応募国

ベルギーの品評機関ということはEU諸国が多くを占めていると考えそうですが、実は日本が8~9割を占めています。

f:id:newtruth:20170601025254j:plain

モンドセレクションで公開されているデータでは地域ごとの物しかないので正確なことはわからないのですが、一部公開されており10年連続で賞を与えられた企業に贈られるクリスタル・プレステージ・トロフィーの贈呈企業は日本企業が多く占めています。

以前の記事でも書いたのですが「国連特別報告者にビビるな 」のように中身のわからない権力や今回のような賞にビビったり、ありがたがるのは日本人の悪い部分ではないでしょうか。

 

ちなみに「モンドセレクションのファンサイト MONDE FAN! NAVI --モンドファンナビ--」にて日本で受賞した商品の一部を見ることが出来ます。

参考元:Monde Selection : Home